「良いお家に住みたいけど、高槻市内は予算が厳しい」
このような理由で、高槻市内に住むことを諦めていらっしゃいませんか?
今回はそのような方にぜひ知っていただきたい、住宅給付金についてお伝えします。

□3世代ファミリー定住支援事業

子育ては周りの協力が必要不可欠です。
近くに親が住んでいたら子供の面倒も見てもらいやすいうえに、親にもしも何かあった時もすぐにかけつけられますよね。

高槻市ではそんなより良い子育て環境を作り出すサポートとして、3世代ファミリー定住支援事業を行なっています。

3世代ファミリー住宅支援事業とは、子育て家庭とその両親が同じ住宅に住む、もしくは近所に住む場合に補助金が支給される制度です。
平成30年1月19日以降に、市外から転居してきた子育て世帯が支給対象者となります。

住宅の条件は平成27年4月1日以降に高槻市内に子育て世帯、もしくはその親の名義で契約し、所有権保存登記もしくは所有権移転登記をしていることが挙げられます。
また新築か売買の取引が行われた住宅のみが対象となるため、相続や贈与によって取得した物件は補助金対象外になります。

□長期優良住宅の税制優遇

せっかく住宅を購入するなら、住み心地の良い住宅に長く住みたいとは思いませんか?
しかし良い住宅は、資金も多くかかってしまうものです。

そこで政府が導入したのが、長期優良住宅の税制優遇措置です。
長期優良住宅とは、長期にわたって住みやすい住宅を実現させるために設計された住宅です。

長期優良住宅として認められる条件として1つ目に挙げられるのが、住宅の維持管理がしやすいことです。

2つ目に挙げられるのがバリアフリー設計です。
体に障害がある方、足腰の弱い高齢者、小さなお子様やペットなど、全ての人が暮らしやすい設計が求められます。

3つ目が可変性の高さです。
子供の成長など住居者のライフスタイルに応じて、自由にレイアウトが変えられる必要があります。

その他にも、耐震性や省エネルギー性、劣化対策、住戸面積など一定の基準を満たす必要があります。

長期優良住宅として認められると、住宅ローンの減税や不動産取得税、登録免許税など建て替えにかかる費用の負担を軽減できます。
長期優良住宅の認定を受けるためには、申請が必要です。
住宅を建てる際に建設を依頼した業者からも話があると思いますが、念のため申請手順を知っておくとよいでしょう。

□さいごに

住宅購入には多額の資金が必要です。
しかし住宅給付金を上手に活用することで、より良い住宅を建てられるかもしれません。
高槻市内で住宅を購入する際は、給付金制度についても調べておくことをおすすめします。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>