阪急高槻市駅は、線路を挟んで北と南に分かれていますが、どちらにどのようなお店や建物があるか、みなさんはご存知でしょうか?
「高槻市駅はよく通るけれど、通過してばかりで周辺施設には詳しくない」
そのような方も多いかもしれません。

そこで今回は、阪急高槻市駅の北側と南側それぞれの特徴についてお伝えします。

□阪急高槻市駅北側の特徴

*阪急高槻市駅北側〜JR高槻駅南側

阪急とJRの駅は徒歩7分程度と比較的近くに位置しています。
どちらも非常に大きな駅で利用者数も多いため、駅周辺は様々な商業施設で賑わっています。

スーパー、商店街、レストラン、カフェ、美容院、フィットネスクラブなどあらゆる商業施設が立ち並び、だいたいの買い物はこの範囲内でできると言っても過言ではありません。
この辺りは市民だけではなく、多くの市外の人々でにぎわっており、若者から高齢者まで全ての人が楽しめる施設が揃っています。

*JR高槻駅北側

JRの駅をさらに北側に行くと、まずは西武百貨店や大型商業施設のアル・プラザがあります。
さらにもっと北側へ行くと、病院や学校、そして住宅地となります。
JRの北側は鉄道が通っていないため、移動手段はバスや自動車、二輪車が必須となるでしょう。

北側には多くの小学校、中学校、高等学校が立ち並び、子育てに適した環境でもあります。
もちろん就学前のお子様を預けられる、幼稚園や保育施設もございます。

□阪急高槻市駅南側の特徴

阪急高槻市駅の南側には、北側同様、降りてすぐは喫茶店や居酒屋、その他飲食店が立ち並びます。
もう少し歩くと国道171号線にさしかかります。

国道沿いには多くの飲食店やホームセンター、ショッピングセンターが建っています。
もっと南下すると関西でも最大級レベルのラウンドワンがあり、スポッチャ、ボーリング、カラオケ、ゲームセンター全てが楽しめます。

駅から徒歩で行くのは厳しいですが、JR高槻駅、阪急高槻市駅両方からシャトルバスが運行しているため、市外から電車でお越しの方も気軽に遊びに行けます。
さらに高槻市を南まで進むと、淀川という関西でも有名な川にたどり着き、ここが高槻市境界線でもあります。

□さいごに

高槻市は京都や大阪のベッドタウンとして多くの人が暮らす、非常にアクセスが便利な街です。
しかし、ベッドタウンとしてだけではなく、繁華街としても有名な街でもあります。
ぜひみなさんご自身の目でも、高槻市内の魅力を感じてくださいね。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>