近年、医療技術の進歩によりインフルエンザによる健康被害は抑えられつつありますが、毎年新種のインフルエンザが起こるなどインフルエンザの脅威はいまだ強い状態です。
小さなお子さんがいるという方の中には、予防接種の必要性をひしひしと感じている方も多いのではないでしょうか?
安全に健康で育ってもらうためにも予防接種は欠かせませんよね。
中には、「予防接種ってどう受ければいいんだろう?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?
今回は、高槻市での予防接種の受け方をわかりやすくご紹介します。

□高槻市での予防接種の受け方

感染症の影響は子供が小さければ小さいほど大きなものとなります。
特に乳幼児の場合ですと、生まれてから数か月後には、お母さんに由来する免疫が失われてしまいますので、予防接種を受ける必要があります。
予防接種の受け方を簡単にご紹介して行きます。

*予防接種を受ける際に必要なもの

予防接種を受ける際には「母子健康手帳」と「予防接種予診票」が必要になります。
高槻市では、お子さんが生後1〜2か月に、予防接種予診表や委託医療機関一覧など、予防接種を受ける際に必要なものをお送りしています。
予防接種は委託医療機関で受けることができます。
医療機関への予約を行なった上で、接種しましょう。

*複数のワクチンを接種する場合

近年ではA型やB型など、複数のインフルエンザにかかってしまうという方も少なくありません。
複数のインフルエンザが発症した合は、体への負担も大きくなりますので、事前に複数のワクチンを接種することも大切です。
複数のワクチンを受ける場合には、体への負担を軽減するため、ある程度の期間を開ける必要があります。
生ワクチンの場合は27日以上、不活性ワクチンの場合は6日以上の期間を開けましょう。

*予防接種が受けられない症状

下記のような症状がある場合、予防接種を受けることができません。

・発熱の症状がある(37度5分以上の発熱)
・受けようとする種類のワクチンでアレルギー症状を起こしたことがある
・重い急性疾患にかかってしまっている場合

上記の症状が発生している場合以外にも、担当医が適当ではないと判断した場合には、予防接種ができない可能性があります。

□最後に

今回は、高槻市での予防接種の受け方をご紹介しました。発熱がある場合には予防接種ができないため、インフルエンザにかかってしまう前に早め早めに予防接種を済ましておきましょう。
予防接種を受ける際は、ぜひ今回の記事の内容を参考にして見てください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>