子育て中の方が引越し先を考えるにあたって、引越し先の教育がどの程度充実しているのかは重要なポイントだと思います。
高槻市は、教育分野における取り組みの一環として、市内の大学と連携して子どもに学習の場を提供するための2つのイベントを実施しています。
今回は、それらのイベントについて詳しくご紹介します。

□その1:夏休み子ども大学

1つ目のイベントが、「夏休み子ども大学」です。
同イベントは、市内在住の小学生を対象に、学校では体験することができない学習の場を提供することで、子どもの知的好奇心を刺激し、学習意欲の向上を図ることを目的としています。
市内にある大学が、それぞれの特色を生かした講座を開催しており、毎年多くの小学生が楽しみながら学んでいます。
市内にある主な大学関連施設は、大阪医科大学、大阪薬科大学、関西大学高槻キャンパス、平安女学院大学、京都大学防災研究所阿武山観測所などで、これらの大学がこのイベントに協力してくれています。

以下に、どのような講座があったのか具体的にご紹介します。

*「薬剤師さんに変身!-こども薬剤師体験-」(大阪薬科大学|平成30年8月開催)

この講座では、抽選で選ばれた小学生とその保護者の方々が、お菓子やジュースなどを模擬薬にして錠剤の一包化、水剤の調剤、服薬指導、軟膏の混合を行いました。
簡易白衣を着用した小学生たちは、楽しみながら体験学習をすることができました。

*「口の中のばい菌が色んな病気に関係しているんだよ」(大阪医科大学|平成29年8月開催)

この講座では、歯磨きとうがいが口の中の細菌数を減少させるのに効果があることを確かめるため、実際に自分の口の中の細菌の数を測定しました。
参加した小学生にとっては、歯磨きとうがいの大切さに気づく良い機会になりました。

□その2:関西大学たかつきアイスアリーナ市民開放イベント

関西大学たかつきアイスアリーナは、同大学創立120周年記念事業の一環として課外活動振興に伴う環境整備のために建設されたものです。
同大学の大学行事や正課体育、体育会の課外活動の拠点となるのはもちろん、近隣の小・中・高等学校の課外行事での利用などに対しても積極的に施設を開放し、社会貢献の一翼を担っています。

そのアイスアリーナで市が主催する行事としては、高槻市所在の小・中学校の校外学習活動や、小学生を対象にした優先開放デイなどがあり、小・中学生を中心に多くの市民がこのアイスアリーナを利用することができます。

□終わりに

以上、教育分野における取り組みの一環として高槻市が市内の大学と連携して行っている2つのイベントをご紹介しました。
これら以外にも、高槻市は教育分野で数多くの取り組みを実施しています。
子育て中の方はぜひ、高槻市への引越しを検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではプライベートスペースもあり、込み入ったご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>