小さなお子さんがいる家庭にとって、家族でお出かけする時間はとても貴重です。
そのため、引越しをする際には、引越し先の地域にどんなお出かけスポットがあるのか気になりますよね。

自然豊かな高槻市内には、家族でのお出かけに適した公園が数多くあります。
そこで今回は、高槻市内のおすすめお出かけスポットとして、2019年春に一次開園予定の「安満遺跡公園」をご紹介します。

 

□安満(あま)遺跡とは?

高槻市は、歴史資産である「安満遺跡」を活かした緑豊かな公園として、安満遺跡公園を整備しています。
ここでは、その安満遺跡についてご紹介します。

安満遺跡は、高槻の稲作文化発祥の地です。
およそ2500年前に開かれた環濠(かんごう:自衛のために集落の四周にめぐらした堀)がめぐる居住地や水田、集団墓地などが見つかっており、土器や石器農工具、装身具など豊富な生活用具が出土しています。
高槻市民第1号ともされる人々が営んだムラとして、全国的にも極めて重要な遺跡です。

 

□安満遺跡公園の概要

上記でご紹介した安満遺跡の場所には、昭和3年に京都大学の附属農場が開設され、約90年にわたり農学研究が行われてきました。
その京大農場の跡地とその北側の空間に、歴史資産である「史跡安満遺跡」を活かした緑豊かな公園として、安満遺跡公園が整備されています。
駅からアクセスすると、街の中から徐々に公園の空間に入っていき、奥へ行けば行くほど、現代のまちから歴史をさかのぼり、奥には弥生時代に思いをはせる、広がりのある空間があります。

市民活動による様々な体験プログラムが実施される「パークセンター」や、関西最大級の「子どもの遊び場」、緑に囲まれた「おしゃれなカフェ」、魅力的な「歴史拠点施設」などがあり、家族全員が楽しむことのできる公園となります。
1次開園は2019年春、全面開園は2021年に予定されています。(安満遺跡公園パンフレットより)

 

□安満遺跡公園の魅力

高槻市は、安満遺跡公園を、時代やニーズに合わせて変化し、成長する公園とするべく、あえてつくり込まない、ハーフメイドの公園として整備しています。

市内外からのアクセスも抜群です。
市内からのアクセスとしては、高槻市の中心であるJR高槻駅と阪急高槻市駅から、それぞれ徒歩で約10分、約15分ほどとなっており、とても利用しやすいです。
また、JR高槻駅はJR大阪駅、JR京都駅からの所要時間が約15分(新快速利用時)、阪急高槻市駅は阪急梅田駅、阪急河原町駅からの所要時間が約20分(特急利用時)と、市外からのアクセスも非常に良いです。

 

□まとめ

以上、高槻市内のおすすめお出かけスポットとして、2019年春に1次開園予定の「安満遺跡公園」についてご紹介しました。

同公園以外にも、高槻市内には家族でお出かけするのに適した自然豊かな公園が数多くあります。
引越し先を決めかねている子育て中の方はぜひ、高槻市に居住してみてはいかがでしょうか。

当社ではプライベートスペースもあり、込み入ったご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>