「子どもの支援や医療制度について知りたい」
「医療補助の対象についてしりたい」
身体が弱かったり、病気になってしまいがちなお子さんをお持ちの方は、頻繁に病院に通わなければならない時期もあると思います。
そのため、特に医療制度についてよく理解しておいたほうがいいでしょう。
今回は、高槻市の医療制度について詳しく解説します。

□子ども医療費助成

これは、対象となるお子さんをお持ちの方に対して、入院費や通院費(保険診療事故負担額)の一部自己負担金額を引いた金額を助成するというものです。
一部自己負担金額とは、一ヶ月ごとに一日500円以内の負担が月に二日目まで必要であるというものです。
この自己負担金額の一ヶ月の合計が2500円を超えた場合は、申請すれば超えた金額が返金されます。
見落としてしまいがちですが、健康診断や予防接種といった健康保険の支給の対象にならないものは助成の対象外なので気を付けてください。
また、平成30年の4月より訪問看護ステーションが行う訪問介護の助成も開始し、より一層助成の幅が広がりました。

*対象となるお子さん

・高槻市に住所をお持ちの0歳から15歳(中学校卒業)までの児童
・健康保険に加入していること

以上の二点を満たしていれば所得の制限なしに助成を受けられます。
ただし、生活保護受給者やひとり親家庭医療費助成受給者、重度障がい者医療費助成受給者、児童福祉施設に措置入所している方は除かれます。

□自立支援医療制度

該当者に対して医療費の負担額を助成してくれます。
心身に障がいをもつ方が該当者です。
この制度は、自己負担額が一割になります。
この制度は、「厚生医療」と「育成医療」の二種類があります。
この二つのうちで「育成医療」は18歳未満の児童が対象です。
これは、障害を持つ児童が生活能力を得るために医療が必要と判断される際に医療費が助成されます。
医師の意見書や特定疫病療養需給者証が申請に必要です。

□まとめ

病気になりやすいお子さんは、医療費がたくさんかかってしまいますが、子ども医療費助成があると安心ですね。
また高槻市は、お子さんをお持ちの家庭が大変多く住んでいるため、お子さんに関する医療福祉制度が大変整っています。
それに加え、高槻市内には大きい病院から町のお医者さんまでたくさんの病院があります。
これらの理由より高槻市は、お子さんをお持ちの家族の方はもちろん、病気になりがちなお子さんをお持ちの家族の方にも最適な地域です。
当社ではプライベートスペースもあり、込み入ったご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>