「新築の住宅と賃貸どっちがいいだろう」
「まだお金がないから賃貸の方がいいかな」
「ローンを組んででも新築の住宅を買おうかな」
と思う人はいるのではないでしょうか。
確かに「新築の住宅を買うことが夢だ!」という人は多いと思います。
しかし、新築の住宅を買うにはローンを組む必要や毎年の税金の問題もあります。
また、賃貸なら「一生払い続けなければいけない」という不安もあるでしょう。
そこで、新築の住宅と賃貸の違いをメリットとデメリットで紹介します。

□新築の住宅のメリットとデメリット

*新築の住宅のメリット

新築の住宅のメリットはたくさんあるため、ここでは2つ紹介します。
1つ目は将来資産になることです。
買うときはローン組んで、買うことが多いと思います。
そのため、最初はローンの返済で負担が少し増えます。
しかし、老後は暮らす場所に困ることはありません。
また、子どもが独り立ちし、家が大きすぎる場合は売り、賃貸に引越すこともできます。
2つ目は自由に設計できることです。
賃貸の場合は設備がすでに整えられているため、変更できません。
しかし、新築の住宅の場合は防音にすることや家の構造を自分の好みにできます。
そのため、賃貸では自分の条件にあった物件を探すのに対し、新築の住宅は自分の条件で作ることもできます。

*新築の住宅のデメリット

新築の住宅のデメリットは払う税金が増えることです。
新築の住宅を買うと、固定資産税を毎年払う必要があります。
また、買ったときに一度だけ払う不動産取得税もあります。
そのため、賃貸ではかからない税金が新築の住宅にはかかります。

□賃貸のメリットとデメリット

*賃貸のメリット

賃貸のメリットもたくさんあるため、ここでは2つ紹介します。
1つ目は立地です。
都会で新築の住宅を駅前に建てることは相当なお金持ちにしかできないと思います。
しかし、賃貸の場合は駅近物件と言われるものがあるように、都会でも徒歩5分圏内に家を借りることができます。
2つ目は気楽さです。
新築の住宅を買うと引越しすることが難しくなります。
しかし、賃貸の場合は何か問題が起きたときや飽きてしまったときに引越しできます。

*賃貸のデメリット

賃貸のデメリットは老後の心配です。
新築の住宅はローンを払い終わると資産に変わります。
しかし、賃貸は払い続ける必要があります。
若い間は稼げても、高齢になってからは稼ぐことができないと不安になる人が多いです。

□まとめ

以上、新築の住宅と賃貸の違いをメリットとデメリットで紹介しました。
自分の将来設計をしっかりして、新築の住宅と賃貸を選びましょう。
また、当社では新築の住宅と賃貸物件の両方を取り扱っています。
そのため、お客様の話を伺い、丁寧に説明させていただきます。
ぜひ、当社までお問い合わせください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>