「ベランダが付いている部屋に住みたい!」
「バルコニーでゆったりしたい!」
「ベランダとバルコニーって一緒じゃないの?」
と思う方も多いと思います。
確かに、ベランダとバルコニーはそこまで大きな違いはありません。
しかし、その用途によってはベランダの方が良い場合とバルコニーの方が良い場合はしっかり分かれます。
そこで、バルコニーとベランダの違いについて紹介します。

□ベランダとは

ベランダは部屋の外側に張り出した、屋根付きのところです。
屋根がついていることがバルコニーやテラスとの違いです。
よくマンションやアパートについているものです。

□バルコニーとは

バルコニーは建物の2階以上の部屋の外に張り出した、屋根がない手すり付きのところです。
バルコニーはベランダと違い、屋根がなく、2階以上のところを指します。
最近では、間取りにはバルコニーと書かれていても、屋根が付いている場合があります。
そのため、内見のときにしっかり確認しましょう。

□ベランダとバルコニーの特徴

*ベランダの特徴

ベランダには屋根が付いているため、雨や日差しを防いでくれます。
日差しを防いでくれることは、夏のエアコン代の節約にも繋がります。
その代わりに、冬は太陽の光が弱くなるという欠点もあります。
雨を防いでくれることは2つのメリットがあります。
1つ目は多少なら急な雨でも洗濯物を干したままにできることです。
急に雨が降るたびに家に帰ることはできない人も多いでしょう。
2つ目は洗濯機や収納用のボックスを置けることです。
雨に晒されにくいため、潰れる心配をせずに洗濯機を置けます。
また、くつろぐためのテーブルや椅子を置いたままにできます。

*バルコニーの特徴

バルコニーには屋根がないため、雨や日差しを直接浴びます。
そのため、雨が降らない時期は洗濯物がよく乾くメリットがあります。
しかし、雨が降る時期には天気予報をよくみて、洗濯物を干さなくてはいけません。
また、収納用のボックスやハンガーなどのプラスチック製品は日差しや雨ですぐに劣化します。
そのため、あまり外にものを置いたままにすることは向いていません。
その代わり、直射日光が当たることでメリットが2つあります。
1つ目はガーデニングや家庭菜園が楽しめることです。
ものを置くことには向いていませんが、ガーデニングや家庭菜園の場合は反対に直射日光が植物や野菜を成長させます。
2つ目は春や秋の暖かい日はゆったりできます。
直射日光があまり強くない場合にはテーブルと椅子を置いて、読書やコーヒーを楽しむことができます。
屋根がないため、ベランダよりも気持ちよくリラックスできるでしょう。

□まとめ

以上、バルコニーとベランダの違いについて紹介しました。
この記事を参考に自分の用途にあった方を選びましょう。
また、当社はベランダ付きの賃貸、バルコニー付きの賃貸の両方を取り扱っています。
「高槻市の賃貸に引越しを考えている!」「いろいろな物件を見てみたい!」という人は当社にお問い合わせください。
当社には知識が豊富なスタッフが在籍しています。
そのため、お客様の話を伺い、お客様のニーズに合った物件を紹介できます。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>