「子どもがまだ小さいけど、どんな賃貸がいいのかな」
「下の階に迷惑かけるのは嫌だな」
「子どもが遊ぶ公園はあるのかな」
と思う人はいるのではありませんか。
確かに、子育てする上での賃貸選びは様々な条件が出てきます。
そのため、ファミリー層の賃貸選びは一人暮らしなどより難しくなります。
そこで、子育てする上での賃貸選びの注意点を紹介します。

□賃貸選びの注意点

*2階以上の部屋

2階の部屋に住むと下の階に人が住んでいる可能性があります。
すると、子どもが走り回る、物を落とすなどをしたときに下の階に響いてしまいます。
子どもは注意しても聞かないものです。
そのため、なるべく1階を選びましょう。
また、隣接する部屋が少ない、角部屋がある場合はそちらを選びましょう。

*収納スペースが小さい部屋

子どもの荷物はすぐに増えてきます。
小学生なら学校で様々なものを作ることがたくさんあります。
親御さんは子どもの思い出としてとっておきたいですよね。
また、女の子なら服も小学生から中学生、高校生になるとかなり多くなります。
そのため、収納スペースが小さい部屋は後々不便です。
数年後または十数年後の子どものために収納スペースが広めの賃貸を選びましょう。

*教育機関があるか

子どもが小学生や中学生の間は地元の中学校に通う場合が多いでしょう。
その時に、学校まで徒歩で30分以上かかる、自転車登校不可の場合は子どもにとって大きなストレスの原因になります。
また、中学生や高校生は暗い時間に帰宅することもあるため、街灯の数などもチェックしておくことをおすすめします。

*医療機関があるか

子どもや自分が病気になったときに医療機関が近くにないと面倒ですよね。
また、子どもは予防接種などで病院に行くことが多いため、医療機関があると大変重宝します。

*周りの家の間取り

周りが2LDKや3LDKの賃貸が集まっている場合、同世代のファミリー層が住んでいることがあります。
子どもの交友関係が広がる可能性があります。
また、何かわからないことがあったときに助けてくれることもあります。
細かいことかもしれませんが、周りの家の間取りについても注意してみましょう。

□まとめ

以上、子育てする上で賃貸選びの注意点を紹介しました。
子育てする上での賃貸選びは難しくなるでしょう。
もし、「この記事を読んでもわからない」「一度、詳しい人に相談したい」と思う人は当社にお問い合わせください。
当社に在籍している知識の豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい




src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion/1002869908/?label=kHYxCLfT
7mEQlKma3gM&guid=ON&script=0"/>